トランプ米大統領のiPhone、使用できるアプリはTwitterだけ?

2017年5月29日 07:08

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

米国のドナルド・トランプ大統領は3月から新しいiPhoneを使用しているが、Axiosの記事によると、このiPhoneで使用できるアプリはTwitterだけなのだという(Axiosの記事Softpediaの記事9to5Macの記事Business Insiderの記事)。

バラク・オバマ前大統領はセキュリティ上の理由によりiPhoneの使用を許可されていなかった。一方、トランプ大統領の場合は既にアップデートの提供されなくなったGalaxy S3を使用しており、古いAndroidデバイスよりも安全な選択肢としてiPhoneの使用が認められたとのこと。iOSではMacアプリ「Apple Configurator 2」を使用することで、「電話」と「設定」を除くアプリの使用制限や、アプリをApp Storeからインストールできないように設定することが可能だ。

トランプ大統領はホワイトハウスのスタッフに対し、もっと自由時間を取れるように要望しているが、スタッフはトランプ大統領がテレビを見る時間が少なくなるようにスケジュールを調整しているという。これはトランプ大統領がケーブルテレビの報道番組を見ながら勢いでツイートするのを阻止するためのようだ。

なお、ホワイトハウスでソーシャルメディアを担当する大統領側近のダン・スカビーノ氏は以前から、トランプ大統領の2つのTwitterアカウント(@POTUS@realDonaldTrump)で多数投稿している。スカビーノ氏がiPhoneユーザーであることから、トランプ大統領本人が投稿したものか、スカビーノ氏が投稿したものか見分けにくくなるという効果もあるようだ(The Vergeの記事)。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | Twitter | 政治 | IT | アメリカ合衆国 | iPhone

 関連ストーリー:
Twitter CEO、米大統領がどんな発言をしてもアカウントを停止するつもりはない 2017年05月03日
トランプ大統領就任により、ホワイトハウスのWebサイトも大きく変わる 2017年01月22日
米大統領のSNSアカウントが規約違反で停止・削除される可能性は? 2016年12月04日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードTwitteriOSAndroidAppleGalaxyiPhoneMacバラク・オバマドナルド・トランプ

広告