軽のベストセラー、ホンダ「N-BOX」が2世代目へ

2017年5月27日 18:35

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

ホンダが公開した次期「N-BOX」の写真

ホンダが公開した次期「N-BOX」の写真[写真拡大]

写真の拡大

 軽自動車、売上ナンバーワンを記録してきたホンダN-BOXが、この秋にフルモデルチェンジを受ける。そのティーザーキャンペーンをホンダがスタートさせた。ホンダのホームページで先行公開し、順次更新していくもようだ。

 今回のフルモデルチェンジでは、軽乗用車最大級の室内空間や存在感のあるデザインといった、N-BOXの商品価値に磨きをかけながら、日本の人・街・暮らしなどを見つめ直し、さらに使い勝手を高めている、としている。

 現行のN-BOXは、「N」シリーズの第一弾モデルとして2011年12月に発売され、今回、初のフルモデルチェンジを受ける。N-BOXシリーズの累計販売台数は107万台を超え、2015年、2016年と2年連続で軽四輪車新車販売台数・第1位を獲得している。

 ただ、ホンダには初代ヒット作をモデルチェンジして、2世代目で失敗する例が多いのも事実。それが今回のキャンペーンに繋がったのかもしれない、と勝手に裏読みしてしまった。

 ホンダのヒットした初代を継ぐ2代目の失敗例はかなり多く、初代シビックの大ヒットを受け、完璧なキープコンセプトで臨んだ2世代目シビック。トールスタイルの斬新なコンセプトが受けた初代シティから一転、スリークになった2代目。四輪車メーカーHONDAの基礎を築いた偉大な軽自動車N360の後継ライフ。これらはいずれも売れなかった。

 果たして、2世代目「N-BOX」、偉大な初代を超えられるか?(編集担当:吉田恒)

■関連記事
2016年度の自動車小売業の倒産は前年度比29.4%増の110件
セダン不調は世界的な流れ バリエーションの統廃合も?
デビュー6年、ダイハツ「ミラ・イース」モデルチェンジ、徹底した軽量化で低燃費実現
2016年度「車名別新車販売ランキング」、トップは「プリウス」だが、日産の躍進も
軽自動車にも各種センサーによる歩行者検知や衝突軽減ブレーキを採用、高齢者事故を防ぐ

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードホンダN-BOX軽自動車

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
  • フルーツ ヨーグルト ブラン。(画像:クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン発表資料より)
  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース