テロ等準備罪創設へ「確実な成立期したい」と首相

2017年5月26日 11:43

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 安倍晋三総理は25日、イタリアのシチリア島で開催されるG7タオルミーナ・サミット出席に向けての羽田空港出発前の会見で、テロ等準備罪(共謀罪)創設について「テロとの戦いにおいて国際社会の連携が極めて重要で、そのためには『テロ等準備罪処罰法の成立が必要』だ」としたうえで「参議院において政府として丁寧な、できる限り分かりやすい説明に心掛け、確実な成立を期したい」と改めて、今国会での創設を目指すとした。

 一方、小川敏夫参院議員会長は前日の街頭演説で「テロは絶対許さない。撲滅しなければならない。その思いは皆さんと一緒だ」としたうえで、テロ対策については「人を殺せば殺人罪。その準備は殺人予備罪。爆発物を持っていれば爆発物所持罪がある」と現行法制度でテロ対応できるとの見方を示し、政府与党が今国会で創設を目指すとしている「共謀罪創設のための法案は、テロ対策のために必要ない」と訴えた。

 蓮舫代表は25日の記者会見で「衆院で積み残してきた論点、国民が不安に思う条文、条文解釈があれば法案審議のなかですべてクリアにすべきと思っている」と丁寧な審議が必要だとした。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
北朝鮮問題 G7サミットで議論リードと総理
テロ等準備罪=共謀罪創設法案「廃案しかない」
「共謀罪」各地で反対集会 共謀罪のなにが危険なのか
政府与党の横暴な議会運営に号外出し抗議 民進
共謀罪法案衆院通過「民意と国会軽視の暴挙」

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード安倍晋三イタリアG7蓮舫テロ国会テロ等準備罪

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • クラウンアスリートG ReBORN PINK特別色モモタロウ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • フォレスター「SPORTS」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン(画像: ポルシェAGの発表資料より)
  • インドで発表されたコンパクトSUV日産マグナイト(画像:日産自動車の発表資料より)
  • 木星を周回し火山から噴煙を上げる衛星イオのイメージ (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), I. de Pater et al.; NRAO/AUI NSF, S. Dagnello; NASA/JPL/Space Science Institute
 

広告

ピックアップ 注目ニュース