「シャネル」の14万円ブーメラン、文化の私物化として批判される

2017年5月18日 21:43

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 服飾品や香水などを扱う高級ブランドとして知られるシャネル(CHANEL)が2017年春夏コレクションで発表したブーメラン(15万4,440円)に対し、「先住民文化の私物化」という批判が出ているそうだ(CNN.co.jp)。

 CNNの記事では、ブーメランはオーストラリア先住民の文化だという主張が紹介されている。実際オーストラリア先住民のアボリジニがブーメランを使っていたのは確かだが、それ以外の国でも類するものが使われていた記録は残っているようだ。

 なお、シャネルは同じ2017年春夏コレクションでテニスボール(4万5,360円)やビーチラケットセット(36万6,120円)、テニスラケット(17万8,200円)、パドルボードも発表している。

 スラドのコメントを読む | idleセクション | 変なモノ | idle

 関連ストーリー:
南米アマゾンの先住民族は不協和音を聞いても不快に思わない 2016年07月15日
北米最高峰「マッキンリー」 、米政府先住民の呼ぶ「デナリ」へ改称 2015年09月01日
ブラジルで現代文明と交流を持った先住民族の多くが消滅していた 2014年04月12日
ブーメラン、無重力でも戻ってくる! 2008年03月21日
ブーメランを無重力空間で投げるとどうなるか、という実験が行われる 2008年03月10日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード2017年春夏コレクションシャネル(CHANEL)

広告

広告

写真で見るニュース

  • フランクフルトモーターショーで話題となったフォルクスワーゲン・ID.3(画像: フォルクスワーゲン発表資料より)
  • 自動手荷物預け機のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 「ザ・コラーゲン B-Shot」(画像: 資生堂の発表資料より)
  • 第46回東京モーターショーでダイハツが出展する予定のコンセプトカー「WakuWaku(ワクワク)」(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • 2020年2月にヴィッツから改名されて発売されるトヨタ・ヤリス(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
 

広告

ピックアップ 注目ニュース