外交青書で北の核・ミサイルは新たな段階の脅威

2017年4月26日 07:28

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

岸田文雄外務大臣は25日の記者会見で、外交青書で「北朝鮮の核・ミサイルの能力の状況が新たな段階の脅威」と表記したことについて、記者団に答え「昨年来の北朝鮮の挑発行動、2回の核実験、20数発の弾道ミサイルの発射、今年に入っても弾道ミサイルの発射を繰り返している」と北朝鮮が核・ミサイル開発を加速させている状況をあげた。

 岸田外務大臣は「数だけでなく、内容においても、移動式の発射台SLBMの使用、さらには同時に複数のミサイルを発射させる、また北朝鮮自身、核弾頭の小型化に成功したということを宣伝しているという状況にある」と、新たな段階の脅威になっているとした。

 岸田外務大臣は「新しい段階の脅威に至っているという表現で、我が国の認識を明らかにしているということだ」と述べた。

 また、25日から始まった日米韓の6者会合首席代表による会合で「最近の北朝鮮情勢について、しっかりと意見交換を行うと同時に日米韓の連携のあり方について議論し、政策のすり合わせを行いたい」と語った。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
総理の危機管理姿勢をブログでも問題だと発信 野田幹事長
国際水路機関総会「東海」併記で日韓攻防を予測
安倍内閣の緩み、与党の驕りを問題視 野田氏
6月に在韓米軍が在韓米国民間人の海外避難訓練
ミサイルから身守る方法 政府ポータルサイトに

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード北朝鮮岸田文雄弾道ミサイル核実験

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • Photo:日本自動車工業会 豊田会長から550万人への年頭メッセージの冒頭部分
  • ルノー・トゥインゴ バイブス(画像: ルノー・ジャポン発表資料より)
  • マクラーレン・アルトゥーラ(画像: マクラーレン・オートモーティブ発表資料より)
  • 新型「アウトランダー」(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • トヨタの燃料電池大型商用トラックの新型プロトタイプ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • (c) 123rf
  • マツダ・フレアクロスオーバー「HYBRID XT SPECIAL」(画像: マツダ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース