ブリヂストン、チューブ使わず空気充填も不要な自転車用タイヤを開発

2017年4月20日 16:34

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 ブリヂストンがチューブや空気充填が不要でパンクの心配のない自転車用タイヤを開発したと発表したResponse)。

 記事中の写真を見た方が分かりやすいが、樹脂製の特殊な形状のスポークを採用しているのが特徴。以前に発表されていたコンセプトモデルは自動車用だったが(過去記事)、まずは自転車での商品化となる。まずは試乗会などで利用者の声を聞き、2019年には実用かを目指すとのこと。

 スラドのコメントを読む | テクノロジー | 交通

 関連ストーリー:
走れば空気が入る自転車チューブのプロトタイプが完成 2015年12月21日
「パンクしないタイヤ」ついに実用化? 2014年01月14日
フィン付きタイヤで車両の空気抵抗が低減 2012年12月26日
空気不要のタイヤ、ブリヂストン開発 2011年12月02日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードブリヂストン

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • クラウドファンディングで販売されているLanmodo NVS Vast Proの利用イメージ画像。(画像: TS TRADE発表資料より)
  • (画像: UNIの発表資料より)
  • ルノー ルーテシア(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)
  • エクリプスクロスPHEV(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • スズキ・クロスビー「HYBRID MZ」(画像:スズキの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース