欅坂46今泉佑唯、体調不良で活動休止

2017年4月13日 19:18

小

中

大

印刷

 新曲『不協和音』も50万枚を超え、絶好調な欅坂46。しかしながら、そんな欅坂の人気メンバー、今泉佑唯が、体調不良で活動を休止するというニュースが、公式サイトから発表され、今泉本人もブログでの報告を行った。

 本人によると、数か月前から体調不良を自覚しており、だましだまし活動をしてたが、限界に達し、ドクターストップもかかったため、運営の勧めもあり活動休止することにいたったという。

 先日復帰したが、乃木坂46の中元日芽香も、体調不良により活動を休止するなど、急激に忙しくなった坂道グループには、過密スケジュールやその他の問題により、心身に不調をきたすメンバーが散見されるようになったのは、少々心配だ。

 特に、今泉佑唯は、欅坂加入前にアイドル活動をしていたこともあって、初期の、まだメンバーがほとんどしゃべれない、前に出ることができないという時期に、満面の笑みで番組に参加したかと思えば、センターのプレッシャーに押しつぶされそうな平手友梨奈を支え、自らも「ゆいちゃんず」というユニット曲を貰ってギターの腕前を披露するなど、運営から推されているぶん、なんとか期待に応えようと必死で頑張ってきた、責任感の強いメンバーでもある。

 歌は上手い、音楽センスもある、バラエティースキルも高い、そしてムードメーカーとしても冠番組MCのハライチ澤部から「俺の今泉~」と好かれている彼女だが、一方で仕事に行こうと家を出たとたん、帰りたくなってしまったり、番組で母親と電話がつながっただけで泣き出してしまうなど、繊細でか弱い、不安定な一面もあり、その精神的な疲労度も高かったのではないかと思われる。

 ブログでは「もっとまわりに早く伝えていれば……」や、「(休んでいる間に)ファンが自分を嫌いになってしまうのではないか」などと、悔んだり、後悔もしているようではあるが、彼女の気持ちに寄り添い、応援していたファンにしてみれば、むしろゆっくり休んで、万全に体調になって帰ってきてほしいという声が圧倒的だろう。

 ただ、先日この欄に書いたように、せっかくスタートダッシュに成功し、勢いがあるこの時期に、メンバーの増員を急ぐ必要性があっただろうかという、運営への疑問は残る。

 今泉佑唯の休養と直接の関係があるわけではないだろうが(欅坂は選抜の入れ替えはなさそうだし)、短期間にメンバーが増えれば、当然競争意識も煽られるわけで、メンバーにとっての精神的な負担は増えていることは確かだろう。

 どうか、運営は、彼女たちの体力にもメンタルにも配慮して、これからも、楽しく気持ちよく活動できるようにしてほしいと思う。(記事:潜水亭沈没・記事一覧を見る

関連キーワード欅坂46今泉佑唯

広告