ロボットスーツ「HAL」が建設現場に、大林組が作業支援用に導入

2017年4月3日 11:47

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

総合建設業の大林組は、「HAL作業支援用(腰タイプ)」を建設現場に本格導入を開始する。

総合建設業の大林組は、「HAL作業支援用(腰タイプ)」を建設現場に本格導入を開始する。[写真拡大]

写真の拡大

サイバーダインのロボットスーツ「HAL」の活用分野が広がっている。同社のロボットスーツは、下肢に障害を持つ人の自立歩行を助ける「ロボットスーツHAL自立支援用(下肢タイプ)」や、肘・ヒザ関節にトラブルを抱える人をサポートする「ロボットスーツHAL自立支援用(単関節タイプ)」、介護者の腰の負担を軽減する「ロボットスーツHAL介護支援用(腰タイプ)」など、主に福祉の現場で人の力をアシストする用途で活用されてきた。

今回、総合建設業の大林組は、「HAL作業支援用(腰タイプ)」を建設現場に本格導入を開始する。同社が導入する「HAL作業支援用(腰タイプ)」は、建設現場での作業性と快適性を高めるため、従来のものから装着性が改良されている。体の微弱な電気信号を検知する電極を、従来の体に貼るタイプから腰に巻くベルトタイプに変更。腰部などに直接装置が接触するのを防ぐクッション材を装着できるようにしている。同社はこれまで7現場で10台のHALを導入し、電極が汗などで剥がれる貼るタイプから腰タイプへの変更など、実証段階での改良を行ってきた。今後は防水・防塵機能のあるHALを、夏過ぎにも現場に投入する計画。屋外でも使えるため建築現場だけではなく、土木現場での利用も想定する。中腰作業における腰への負担を軽減するタイプのHALも、早ければ2017年中に導入したい考え。

全日本空輸(ANA)も手荷物運搬時の作業負担の軽減に「HAL作業支援用(腰タイプ)」の活用を進めている。16年11月から、成田空港でHALを試験導入し、受託手荷物の運搬時における作業負荷の軽減効果を確認。追加導入により検証体勢を強化する。また、手荷物運搬以外にもグランドハンドリング(地上支援)や航空機部品の運搬など検証分野を拡大し、国内主要空港にも展開していく方針。

体に負担がかかる作業を伴う職種は敬遠されがちで、介護、建設、荷物運搬といった業態での人手不足が深刻化している。少人数で業務を担う者にはさらなる作業負担が集中することも大きな課題となっており、ロボットスーツの活用で、これを軽減し、労働環境の改善に伴う担い手の呼び込み効果が期待されている。(編集担当:久保田雄城)

■関連記事
東京圏への本社移転 6年連続での転入超過
正社員採用が過去10年で最高水準に
「第四新卒」に集まる注目 中高年の雇用進む
正社員が「不足」していると回答した企業は43.9%
時間外労働上限に労使合意へ一層努力を 総理

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードHAL(ハル)大林組

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 「Zaim 一生黒字プラン」の画面イメージ。(画像: Zaimの発表資料より)
  • ジープ・グランドチェロキー「WK 10th Anniversary Edition」(画像: FCAジャパン発表資料より)
  • 紙容器に切り替える弁当(ローソン発表資料より)
  • 200mmワイドナビゲーション取り付けイメージ(画像:株式会社カナック企画発表資料より)
  • ヤリスWRC:発表資料より
  • (c) 123rf
  • 大規模分譲住宅の一戸建てなら充電設備を設置してEV車保有することも可能だ(画像提供:住友林業)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース