仮想通貨購入に関連するトラブルが増加、国民生活センターが注意喚起

2017年4月2日 21:38

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

hylom 曰く、 仮想通貨の購入に関するトラブルが増加しているとして、国民生活センターが注意喚起を行っている(発表情報)。

2016年度に国民生活センターへ寄せられた仮想通貨関連の相談は634件で、前年・前々年と比較して大きく増加しているという。知人から勧誘されたといったものや、セミナーで勧められたという話もあるようだ。

事例としては、「5倍以上の価値になると言われて購入したがお金が戻ってこない」「販売元が買い取ると言われたのに買い取ってくれない」「預けた資金を出金できない」といったもの。

国内では4月1日に施行された改正資金決済法により、仮想通貨の交換サービスを行うには仮想通貨交換業の登録が必要となる。そのため、仮想通貨の取引などの勧誘を受けた場合は契約先が登録業者であるかどうか確認し、取引に伴うリスクなどが理解できなければ契約しないように注意を呼び掛けている。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | 犯罪 | IT | お金

 関連ストーリー:
ビットコインを使った上場投資信託の認可申請、米証券取引委員会が認可を拒否 2017年03月13日
金融庁、ビットコインなど仮想通貨を扱う取引所を登録制にする方針に 2015年12月22日
東京地裁、「ビットコインは所有権の対象に当たらず」と判断 2015年08月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード仮想通貨国民生活センター

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • 新型NX(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 新型ランドクルーザー(300系)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • (c) 2021 Universal Studios. All Rights Reserved.
  • (c) 2021 『ドライブ・マイ・カー』製作委員会
  • タント特別仕様車 楽天イーグルス エディション ⓒRakuten Eagles
  • Photo:スカイライン打倒を果たした「第6回富士TT」で激走する加茂・増田組サバンナ(マツダレース委員会アーカイブ)
  • © 2021 Universal Pictures
  • レクサスの特別仕様車3種と松山英樹選手(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース