3D XPoint技術採用の最初のSSDが市場に登場

2017年3月24日 21:36

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

maia 曰く、 IntelとMicronが共同開発していた次世代不揮発性メモリ(3D XPoint技術)は、Intelからは「Optane」ブランド、Micronは「QuantX」ブランドで製品化される予定だったが(PC Watch)、いよいよその第1弾「Intel Optane SSD DC P4800X」の早期顧客向け出荷が開始されたという(GIGAZINEEE times)。

 DC P4800XはNVM Express(NVMe)を採用したデータセンター向けのSSDで、当面は375GB、価格は1520ドル(約16万9千円)。同等クラスのNAND製品に比べて約3倍だが、ともあれ2017年下半期には量産出荷開始となり、750GB/1.5TBのモデルや、M.2型も投入される。HPの幹部によると2018年に調達する予定のOptaneの割合は、SSD全体の5~10%に達するだろうという。2019年にはブレイクの予感らしい(Computerworld)。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ストレージ

 関連ストーリー:
Intel、3D XPointメモリのベンチの一部を開示 2015年11月09日
限界を迎える平面型NANDフラッシュメモリの製造プロセス縮小 2015年08月11日
IntelとMicron、「革新的」な不揮発メモリ技術を開発したと発表 2015年08月03日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードIntelHPPCSSD3D XPoint

広告