大阪府警、接触対策に大型バンパー搭載の四輪駆動「地域遊撃車」導入

2017年3月21日 20:53

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 大阪府で、警察の車両に対し車をぶつけて逃走するという事件が相次いでいるという。そのため、大阪府警はトヨタ・ランドクルーザープラドをベースに、衝撃対策として鉄パイプベースの大型バンパーを装備した「地域遊撃車」を導入した(朝日新聞産経新聞)。「逃走車が正面から衝突しても車体にほとんど影響が出ない」という。

 こうした装備は「グリルガード」や「プッシュバンパー」などと呼ばれており、米国のパトカーがしばしば装着していることで知られる。逃走する車両にこのバンパーを接触させて停止させるといった用途のもので、カーチェイスの際などに活用されていたが、いよいよ日本でも導入しなければならなくなったようだ。

 スラドのコメントを読む | 日本 | 犯罪 | 交通

 関連ストーリー:
信号機、小型化へ 2017年02月27日
国土交通省、車検切れ車両をその場で摘発できるシステムを導入へ 2016年11月28日
米警察が軍事用装備を調達する理由 2014年06月13日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードトヨタ大阪府ランドクルーザー

関連記事