安倍首相と夫人には道義的責任ある、共産・志位委員長

2017年3月3日 18:37

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 日本共産党の志位和夫委員長は2日の記者会見で、安倍晋三総理と昭恵夫人には森友学園を持ち上げた道義的責任がある、と反省を求めた。

 志位委員長は「森友学園の籠池泰典理事長が、自民党の鴻池祥肇参院議員に金銭の入っていた疑いのある封筒を持って土地の値引きを働きかけるような、教育者としてあるまじき人物なのに、首相夫人の昭恵氏が『瑞穂の国記念小学院』の名誉校長となるなど、首相夫妻には同学園を持ち上げていた責任がある」と指摘。

 また森友学園運営の幼稚園では「園児に教育勅語の暗唱や『安倍首相頑張れ』の宣誓までさせるなど、現行の教育基本法に照らしても許されない教育を行っている学園であり、安倍総理は『妻から、教育に対する熱意はすばらしいと聞いている』などと持ち上げていた責任」があるとした。

 同党の小池晃書記局長は1日の参院予算委員会で「2年前の(同園の)運動会で、『日本が他の国々に負けぬよう、尖閣列島、竹島、北方領土を守り、日本を悪者として扱っている中国、韓国が心を改め、歴史教科書でウソを教えないようお願いいたします。安倍首相がんばれ、安倍首相がんばれ、安保法案、国会通過、よかったです』と幼児に宣誓させていたことを紹介し、「これは、ヘイトスピーチに属するような話じゃないですか」と問題提起していた。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
公務員5人がつく『総理夫人』は『公人』蓮舫氏
森友学園問題が中心にならざるを得ない 榛葉氏
名誉校長就任中の払下げで「総理夫人にも責任」

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード安倍晋三自民党共産党志位和夫小池晃国会森友学園

関連記事

広告