福島第2廃炉へ法案、与野党に呼びかけ 民進

2017年3月2日 11:54

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 民進党は東京電力福島第2原発の廃炉に向けた法案(特定原子力事業所に係る核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律の特例に関する法律案)を全党に呼びかけて国会に提出することを2月28日決めた。

 党の金子恵美ネクスト復興大臣は「福島復興の妨げの存在である福島第2原発は、県民の総意である福島県議会意見書を見ても明らかで、国の責任でしっかり廃炉にしていく方向性を作っていかなくてはいけない」と語った。

 また、党の田島一成ネクスト環境大臣は廃炉に向けた動きが与党内にないことをあげ「元福島選出の国会議員は、所属政党にかかわらず『福島第2原発を廃炉にする』と言っている。今後全政党に呼びかけ国会提出を目指す」と語った。

 法案では「特定原子力事業所に設置された原子力施設について法施行後、2年以内に適合性審査の申請がなされなかったときには、許可などが取り消されるものとする。ただし、廃炉措置計画の認可の申請をした原子力施設については、この限りではない」などを盛り込んでいあいる。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
東京は今も危ない 福島原発2号格納容器を懸念
650シーベルト濃度に費用は東電も廃炉は国で
福島廃炉、費用は東電も廃炉は国プロジェクトで
新年度予算案『もんじゅ』費用は179億円
高速増殖炉『もんじゅ』廃炉を決定

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード福島県東京電力民進党原子力発電所廃炉国会

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • ホンダ N-BOX用サテライトビューカメラ取付イメージ(画像:ワントップ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース