トランプ大統領のTweetに反応して株式の売買を行うアルゴリズム

2017年1月24日 12:17

印刷

記事提供元:スラド

 ドナルド・トランプ米大統領がTwitterを多く利用していることは有名で、Twitter上で特定の企業を名指しで批判することも多い。これを利用し、トランプ大統領のツイートに反応して関連株式の売買を自動で行うアルゴリズムが流行しているという(ギズモード・ジャパンTechCrunch)。

 このアルゴリズムは専業トレーダーが利用するだけでなく、「Trump Triggers」といった一般投資家向けのソフトウェアも販売されている。

 ちなみにトランプ氏のツイートで影響を受けた企業としては「戦闘機の値段が法外だ」とされたロッキード・マーティン社や、「大統領専用機が高い」とされたボーイング、メキシコ工場を非難されたフォードやGM、トヨタなどがある。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ビジネス | Twitter | アメリカ合衆国 | お金

 関連ストーリー:
アルゴリズムを野放しにするな 2011年08月28日
Twitter ベースのヘッジファンド、好調な滑り出し 2011年08月24日
「もっとも高給」といわれるHFTプログラマになるにはどうすればよい? 2011年08月02日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードトヨタTwitterフォードメキシコドナルド・トランプ

関連記事