ヤマハ発、「MT-07 ABS」「MT-07」のカラーリングを変更

2017年1月23日 17:07

小

中

大

印刷

「MT-07 ABS」(ヤマハ発動機の発表資料より)

「MT-07 ABS」(ヤマハ発動機の発表資料より) [写真拡大]

写真の拡大

  • 「MT-07」

 ヤマハ発動機は23日、688cm3の直列2気筒エンジンを搭載した大型自動二輪「MT-07 ABS」、「MT-07」のカラーリングを変更した2017年モデルを、2月15日より発売すると発表した。

 「MT-07」は、ヤマハによる「MTシリーズ」の第二世代モデルとして、人気モデルの「MT-09」共に開発され、2014年に発売された。

 今回のカラーリング変更では、「MT-07」に、シリアスな印象の「マットダークグレーメタリック6」(マットグレー)に加え、高級感のある「ブルーイッシュホワイトパール1」(ホワイト)を設定し、MTシリーズの都会的で独創的なイメージを表現。

 「MT-07 ABS」では、ホイールにファッション性を主張するアシッドイエローの「ブルーイッシュグレーソリッド4」(グレー)と、ヤマハのスポーツ性を主張するブルーの「ディープパープリッシュブルーメタリックC」(ブルー)をアクセントカラーとして配している。

 メーカー希望小売価格は「MT-07A」が76万320円、「MT-07」が71万640円(税込)。年間販売目標は両モデル合計で1,300台。

関連キーワードヤマハ発動機二輪車(バイク)

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • ブランチ札幌月寒のイメージ(画像: 大和リース発表資料より)
  • 木星衝突目前のシューメーカー・レヴィ第9彗星 (c) NASA
  • ブラング エア パフュームディフューザー(カーメイトの発表資料より)
  • 渦巻銀河NGC3147のブラックホールに存在する降着円盤の想像図 (c) NASA, ESA, S. Bianchi (Università degli Studi Roma Tre University), A. Laor (Technion-Israel Institute of Technology), and M. Chiaberge (ESA, STScI, and JHU); illustration: NASA, ESA, and A. Feild and L. Hustak (STScI)
  • イオンモール上尾のイメージ(イオンモール発表資料より)
  • Nintendo Switch Lite イエロー。(画像:任天堂発表資料より)
  • 機体左側のイメージ(画像: 日本航空の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース