ES細胞から精子幹細胞を作り出すことに成功

2016年12月9日 08:58

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 京都大学の研究グループが、マウスのES細胞から精子幹細胞を作り出すことに成功したそうだ。また、作り出した精子幹細胞をマウスの精巣に移植し、そこから子孫を生み出せる精子が作り出されることも確認できたという(京都大学の発表NHK論文)。

 今回の成果では、試験管内でマウスのES細胞から精子幹細胞様細胞を誘導することに成功したそうだ。同時に、精子幹細胞形成過程におけるDNAのメチル化制御異常が精子形成不全につながることも分かったという。

 この成果は新たな不妊治療法の開発に繋がる可能性があるほか、生殖細胞系列の分化過程や、エピゲノム情報の再構成の解析がしやすくなり、新たな知見の獲得に繋がる可能性がある。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | バイオテック | サイエンス

 関連ストーリー:
iPS細胞とES細胞からマウスの視神経細胞を作製することに成功 2016年07月02日
ES細胞から小脳の神経組織を作ることに成功、理研の故笹井氏も研究に貢献 2015年02月02日
皮膚細胞から精子を作る試み 2014年05月27日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • Disk画像の一例 (c) NASA
  • AI画像診断支援ソリューション画面例(画像: NTTデータの発表資料より)
  • カングーイラスト入りマカロン「マカロンデー×ルノー スペシャルパッケージ」(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース