【銘柄フラッシュ】アークやアークンが急伸し本日上場のイントラストは好発進

2016年12月7日 20:43

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 7日は、東証1部の値上がり率1位がアーク<7873>(東1)となり、売上高の7割が海外のためこのところの急激な円安の効果に期待との見方があり26.1%高。2位はクボテック<7709>(東1)となり、古河電気工業<5801>(東1)ほかと共同開発の超電導フライホイール蓄電システムなどが言われて2日連続ストップ高の19.1%高。3位はソフトバンク・テクノロジー<4726>(東1)となり、ソフトバンクグループ<9984>(東1)の孫正義社長がトランプ次期米大統領と会談したことなどが材料視されてストップ高の18.9%高。

 本日上場のイントラスト<7191>(東マ・売買単位100株)は家賃保証や介護費用保証、医療費用保証の各事業などを展開し、10時5分に公開価格630円を36%上回る854円で初値がついた。高値は前場の910円、大引けは753円。

 新日本無線<6911>(東1)はスマートフォン向けSAWフィルターや円安効果への期待などが言われて大幅続伸の14.8%高。酒井重工業<6358>(東1)は引き続き北米向け道路機械がトランプ氏の大規模財政出動の追い風を受けるとされて6.9%高となり連日高値。

 電力株が連日活況高となり、東京電力ホールディングス<9501>(東1)は原発事業の分離による再建観測などが好感されて何と6.8%高。関西電力<9503>(東1)は協業や連携による効率化期待などが言われて2.8%高だが戻り高値を連日更新。

 シャープ<6753>(東2)は再建進展への期待などから9.1%高。プロスペクト<3528>(東2)は増配などが好感されて株価2ケタの低位株妙味が刺激されたとされてストップ高の73.2%高。

 アークン<3927>(東マ)は来年度予算でのサイバー防衛費拡充などが言われてストップ高の16.2%高。キャリア<6198>(東マ)は政府の働き方改革に乗る銘柄とされて11.8%高となり戻り高値。

 日本サード・パーティ<2488>(JQS)はディープラーニング・スーパーコンピュータの保守管理受託などの期待材料が再燃とされて急反発となり17.9%高。ナガオカ<6239>(JQS)はこのところの原油市況回復と円安の両面で期待が大とされてストップ高の16.1%高となった。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【注目銘柄】ケイアイスター不動産は増額修正を好感して一時ストップ高(2016/10/14)
【CSR(企業の社会的責任)関連銘柄特集】社会的責任を果たしている優良企業を紹介(2016/09/30)
【話題】半導体・液晶製造装置関連銘柄に引き続き注目(2016/10/05)
【編集長の視点】リファインバースは連続最高業績と原油価格高を手掛かりに直近IPO株買いが再燃(2016/10/11)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング