サムスン製洗濯機、「爆発する」として米で280万台リコール

2016年11月8日 18:29

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

KAMUI曰く、 「Galaxy Note7」発火問題で揺れる韓国・サムスン電子だが、アメリカなどで販売した洗濯機について大規模リコールが発表された(アメリカ消費者製品安全委員会によるアナウンス朝日新聞)。

 対象は2011年から2016年現在販売中のモデルまで34機種・約280万台。高速回転中に洗濯機の上部が吹き飛んで内部の部品がまき散らされるほか、火災になった例もある。USA TODAYの記事などによると、これまでに733件の被害報告があり、負傷者も出ているようだ。

 abc13.comの記事には焼けた洗濯機の映像なんか掲載されている。これは死者が出てないだけマシじゃないかと。

 スラドのコメントを読む | ニュース

 関連ストーリー:
爆発事件が相次いだGalaxy Note 7、対策として充電量を6割に制限するソフトウェア更新を提供 2016年10月31日
「Galaxy Note 7」の交換対象となった「Galaxy S7 edge」も充電中に発火 2016年10月26日
Samsung、世界各地の空港でGalaxy Note 7の交換サービスを開始 2016年10月21日
バッテリ過熱・爆発騒動のGalaxy Note 7、旅客機内への持ち込むに対し罰則へ 2016年10月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード米国サムスンリコール(回収・無償修理)

関連記事

広告