憲法審査会で慎重の上にも慎重に審議を―自民・二階幹事長

2016年9月27日 18:27

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

自民党の二階俊博幹事長は憲法改正について、記者団の質問に答え「憲法審査会のこれからの審議の方針に沿ってやっていくわけですから、慎重のうえにも慎重に、国民の皆様にも審議の内容等を十分ご理解いただけるような丁寧な国会運営をしていってもらいたい」と語った。

そのうえで、記者団が、今国会でどこまで進める考えかとの問いには「どこまで出発してどこまで終点にするとか、そんな電車のようなことを今から申し上げるわけにはいかない」としたうえで「慎重のうえにも慎重に、国民の皆様とともにあるわけです。特に憲法は自民党がいくら多数を持っていても自民党だけで議論して決められるわけではない。他の法案と全然扱いが違う。議論は議論で大歓迎するし、これからの審議で成果を挙げていくようにやっていってもらいたいと望んでいる」とした。

また、自民党の改憲草案について、憲法審査会ではこれを中心にとNHK番組で二階幹事長が考えを示したのに対し、民進党の野田佳彦幹事長が審査会での審議においては自民党改憲案の撤回を求めたことに「撤回するもしないもないのです。あれが提案されているわけではないでしょう。これから審議が始まるわけですから。しかし、あそこに草案があるということに関しては国民誰でもが知っているわけですよ。幸いにして自民党に案があるだろうということをおっしゃっていただいているわけですから、あるかと言われれば今まで審議したものの積み重ねがありますよと言うことくらいは当然です。ですから、撤回するとかしないとかということは毛頭考えておりません」とかわした。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
改憲案国民に提示は国会議員の責任と総理
衆院憲法審査会会長に森氏「公正円満運営」強調
国債頼みも財政収支の2020年目標揺るぎない
自民改憲草案「ベースになり得ない」志位委員長
自民党憲法改正草案はひどい中身 小池書記局長

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード自民党二階俊博憲法改正改憲憲法

関連記事