青山商事、摩耗強度14倍のビジネススーツ リュック背負いや自転車通勤に

2016年9月2日 21:53

小

中

大

印刷

コーデュラ コンバットウールスーツ(青山商事の発表資料より)

コーデュラ コンバットウールスーツ(青山商事の発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 青山商事は2日、耐摩耗性に優れたビジネススーツ「コーデュラ コンバットウールスーツ」を3日に発売すると発表した。

 素材のコンバットウールは、瀧定名古屋が開発し、米国のインビスタ社製コーデュラナイロンにウールを混紡させた素材。その強度は一般的なウール織物と比較し、摩耗強度14倍、引っ張り強度2.13倍、引き裂き強度1.43倍と、他に例を見ない強度を誇るという。また、付属のボタンも一般的なボタンに比べ、圧縮強度が5~10倍強いものを採用した。

 近年、自転車通勤が増えたことや、スマホやタブレットを操作しやすいという利点からバックパックを背負うビジネスパーソンが増加しており、これまで以上に激しい動作性や耐摩擦性に優れたスーツを求める声が高まっていたという。

 「コーデュラ コンバットウールスーツ」は、NEXTネクストBLUEブルー全店とNEXTネクスト BLUEブルーオンラインショップで販売する。価格は3万3,900円(税別)。

関連キーワードスマホタブレット青山商事

関連記事

広告

財経アクセスランキング