臨時国会召集26日で官邸とも合意―自民・二階俊博幹事長

2016年9月1日 13:38

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 自民党の二階俊博幹事長は9月の臨時国会について「26日というのが、国対あるいは党内、さらに官邸との間での合意」事項であると31日までに語った。また与党の公明党ともその点で共有しているとした。会期については、これからの模様。

 一方、記者団がTPPに関する法案の国会での審議日程が、26日召集となると、かなりきつくなるが、11月には米大統領選もある。それまでに成立させたいという考えか、と聞いたのには「当然そうだ。ベストを尽くす」と答えた。二階幹事長はTPP関連法案を成立させたいとの考えを示した。

 また、自民党の総務会メンバーに石破茂・前地方創生担当大臣とさきに政治とカネの問題で辞任した甘利明・前TPP担当大臣が入ったことへの期待について、記者団の質問に「何回も閣僚をつとめ、群を抜いてキャリアを持っている。その期待に応えてもらいたい」と期待した。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
だまし討ちの暴走政治 志位委員長が怒りの発信
民進党幹事長として最後の会見で重い課題提起
周辺事態への法整備 早急に必要 元防衛相
世界が注目する日本のリニア。3兆6022億円の追加融資が閣議決定
政府は防衛も把握事実に透明性を高める努力を

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード自民党公明党二階俊博石破茂甘利明TPP(環太平洋経済連携協定)

関連記事

広告