【銘柄フラッシュ】CRIミドルウェアなどのVR関連株が高く安川情報Sはストップ高

2016年8月29日 16:59

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 29日は、米FRB議長の発言を受けた円安の再燃が好感され、円安効果のある自動車、機械、電気・精密、海運、造船などの主力銘柄が軒並み高となり、売上高に占める海外比率が約90%のヤマハ発動機<7272>(東1)は6.6%高だが戻り高値を更新し、4月下旬以来約4カ月ぶりに2000円台を回復。日本ケミコン<6997>(東1)は8.4%高となって戻り高値。昭和電工<4004>(東1)も6.7%高の戻り高値などの化学株も高く、精錬マージンがドル建ての非鉄金属株も高い。

 東芝<6502>(東1)は円安やグループ会社の株式売却益などへの期待から4.2%高となり年初来の高値を更新。任天堂<7974>(東1)は円安に加えて新ゲームシステム「NX」を速ければ9月中にも発表とされて3.3%高と出直り継続。

 安川情報システム(安川情報S)<2354>(東2)はNTTグループへの採用などがいわれてストップ高の26.1%高。インフォマート<2492>(東1)はメガバンク3行との提携が好感されてストップ高の16.1%高。タカトリ<6338>(東2)は円安や今9月期の完全黒字化見通しなどが言われてストップ高の15.8%高。

 CRIミドルウェア<3698>(東マ)は「VR」(仮想現実)技術を提供するソニー<6758>(東1)の新ゲーム機が10月にも発売とされて期待が強いようで7.5%高。AWSホールディングス<3937>(東マ)は9月末の株式分割や自動運転視システムに関するフォーラム参加などが言われてストップ高の15.7%高。キャリア<6198>(東マ)は初の配当実施と株主優待の開始などが引き続き好感されて15.4%高と大幅続伸。

 クリムゾン<2776>(JQS)は好決算などが好感されて10.6%高となり、アドアーズ<4712>(JQS)は「VR」(仮想現実)関連事業でのグリー<3632>(東1)との提携などに期待が強く22.1%高となった。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【注目銘柄】ワコムは自社株買い、配当利回りは4%超える、株価出直りぼ足どり(2016/06/13)
【業績でみる株価】巴工業は北米油井向け落ち込みを吸収して今期利益は上振れの可能性(2016/06/14)
【銘柄紹介】ミロク情報サービスの株価が上昇の勢い増す、会計ソフトの強さに評価高まる(2016/06/14)
【注目銘柄】奥村組はリバウンド狙いのタイミング、配当利回りも上昇(2016/06/15)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング