パナソニック、ジムや健康保険組合などにオンライントレーニング支援システム提供へ

2016年8月29日 08:16

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

パナソニックアプライアンスがスポーツ・健康分野の展示会「SPORTEC 2016」に出展した「オンライントレーニング支援システム」は、スポーツジムや健康保険組合などに向けての提供が検討されているジムに通う時間外にも会員とのエンゲージメント構築が可能となるサービス。

パナソニックアプライアンスがスポーツ・健康分野の展示会「SPORTEC 2016」に出展した「オンライントレーニング支援システム」は、スポーツジムや健康保険組合などに向けての提供が検討されているジムに通う時間外にも会員とのエンゲージメント構築が可能となるサービス。[写真拡大]

写真の拡大

 フィットネス市場が成熟しつつあるオンラインプラットフォームや高性能化するウェアラブルデバイスのを取り込み、新たな形態のサービスが登場してきている。パナソニックアプライアンスがスポーツ・健康分野の展示会「SPORTEC 2016」に出展した「オンライントレーニング支援システム」は、スポーツジムや健康保険組合などに向けての提供が検討されているジムに通う時間外にも会員とのエンゲージメント構築が可能となるサービス。通う期間が空くことで離脱しがちなスポーツクラブでは従来電話やハガキ、トレーニングプランの作成といった手段でジム外の会員を繋ぎとめる努力をしてきた。同トレーニングシステムでは、オンラインプラットフォーム上で、トレーニング動画を活用してジム会員の自宅でのトレーニングや食事管理を行い、トレーナーと会員とのコミュニケーション機会を増やす。これにより会員のトレーニング継続が期待でき、結果にコミットするサービスが提供できる。

 「SPORTEC 2016」出展のソニーネットワークコミュニケーションズの展開する、企業や自治体向けの健康支援ツール「ソネトレ」でもトレーニング継続率を上げる可能性のあるサービス。同サービスでは専属トレーナーによるオンラインパーソナルトレーニングを提供する。リバウンドしやすいと言われている食事制限ではなく、自宅で出来る運動メニューを提供し、無理なく続けられるのが特徴。

 従来別分野で提供している技術を、フィットネスに応用する例もある。パイオニアの「研究用レーザ血流計」は現在食品メーカーや自動車メーカー、アパレルメーカーなどに提供している高性能ウェアラブルデバイスだ。同デバイスでは、耳たぶや手首などの皮膚表面にレーザー光を照射するだけで、毛細血管の血流量を測定できる。フィットネスの現場で活用することにより、運動メニューの内容による効果の確認や、ジムなどで個人が使用しトレーニング成果の確認が可能になるという。

 フィットネス市場において、未開拓分野に切り込むこうしたサービス・ツールはお互い競合することなく、それぞれフィットネス参加人口の増加に貢献する可能性があると考えられる。(編集担当:久保田雄城)

■関連記事
15年の家電小売り市場は7兆1,100億円 消費増税の駆け込み需要の反動を受けここ数年間では最も小さい
自社の従業員に占める女性の割合が「30%以上」の企業は 28.2%
スポーツ用品専門店全国2,887社売上高合計は1兆38億9,000万円 トップはアルペンの2,165億円
ラグジュアリー市場が好調。最高級ホテル、最高級サービスアパートメントが続々と
住友理工の面状圧力分布センサー「SRソフトビジョン」を使った足圧測定器、スポーツジムで姿勢改善に効果をあげる

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
  • フルーツ ヨーグルト ブラン。(画像:クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン発表資料より)
  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース