サーバー証明書切り替えにより、一部の端末でモバイルSuicaが利用不可に

2016年8月18日 20:58

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 8月24日にモバイルSuicaで使われているサーバー証明書の切り替えが行われ、署名アルゴリズムがSHA-1からSHA-2に変更されるとのこと。これにより、SHA-2およびTLS1.0以上に非対応の端末でモバイルSuicaが利用できなくなるという(CNET Japan)。

 SHA-2を利用できない機種は各社が公開している(NTTドコモauソフトバンクワイモバイル)。

 SHA-1からSHA-2への以降にともなってHTTPSが利用できなくなるという話は前からあったが、おサイフケータイが使えなくなるというのは初耳だった。

 スラドのコメントを読む | モバイルセクション | モバイル | 携帯電話

 関連ストーリー:
Firefox、一部のウイルス対策製品の影響でSHA-1対応を一時的に復活 2016年01月12日
Chrome 46ではSHA-1証明書などを利用したHTTPSはHTTPと同様の表示になる 2015年10月17日
SHA-1はもう安全ではない? 専門家チームが利用廃止の前倒しを提言 2015年10月13日
クレジットカード処理におけるTLS 1.0の使用が非推奨に 2015年06月01日
SSL3.0/TLS1.0 に脆弱性 2011年09月29日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードソフトバンクNTTドコモKDDISuicaSHA-1SHA-2

広告

広告

写真で見るニュース

  • 子供や初心者も安全に楽しめるスマートフェンシング(写真:大日本印刷の発表資料より)
  • 新型「N-WGN」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ハーゲンダッツ トラベリングショップのイメージ。(画像:ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース