【株式市場】円安に加え財政出動の期待もあり日経平均は4日続伸

2016年5月30日 15:51

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

◆日経平均の終値は1万7068円02銭(233円18銭高)、TOPIXは1366.01ポイント(16.08ポイント高)、出来高概算(東証1部)は少なく15億9773万株

 30日後場の東京株式市場は、正午頃から米国の利上げ観測などによるドル買い・円安が一段と進んだため、日産自動車<7201>(東1)やキヤノン<7751>(東1)などが一段ジリ高となり、日経平均も水準を一段上げて4月28日以来約1カ月ぶりに1万7000円台を回復。大引けにかけては233円18銭高(1万7068円02銭)まで上げて4日続伸となった。東証2部指数は3日ぶりに反発し、マザーズ指数は続伸。日経JASDAQ平均は前週末の前日比変わらずから出直った。

 東芝<6502>(東1)を含めた重電3銘柄が一段ジリ高となり、財政出動の期待などから住友大阪セメント<5232>(東1)なども一段ジリ高。菱地所<8802>(東1)なども高い。まんだらけ<2652>(東2)は株主優待の拡充などで一時ストップ高。セレス<3696>(東マ)は引き続き資金決済法や銀行法の改正によるフィンテック(金融IT)関連事業への期待などが言われて大幅続伸となり、アスカネット<2438>(JQS)は「デジタルサイネージジャパン2016」(6月8~10日)への出展などに期待が強まり出直り拡大。

 東証1部の出来高概算は少なく15億9773万株(前引けは7億8061万株)、売買代金は1兆5605億円(同7173億円)。1部上場1955銘柄のうち、値上がり銘柄数は1534(同1322)銘柄、値下がり銘柄数は307(同485)銘柄。

 また、東証33業種別指数は31業種(前引けは28業種)が値上がりし、値上がり率上位の業種は、パルプ・紙、輸送用機器、ガラス・土石、海運、電気機器、精密機器、食料品、サービス、鉱業、不動産、医薬品、化学、などだった。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

◆日経平均の終値は1万7068円02銭(233円18銭高)、TOPIXは1366.01ポイント(16.08ポイント高)、出来高概算(東証1部)は少なく15億9773万株

 30日後場の東京株式市場は、正午頃から米国の利上げ観測などによるドル買い・円安が一段と進んだため、日産自動車<7201>(東1)やキヤノン<7751>(東1)などが一段ジリ高となり、日経平均も水準を一段上げて4月28日以来約1カ月ぶりに1万7000円台を回復。大引けにかけては233円18銭高(1万7068円02銭)まで上げて4日続伸となった。東証2部指数は3日ぶりに反発し、マザーズ指数は続伸。日経JASDAQ平均は前週末の前日比変わらずから出直った。

 東芝<6502>(東1)を含めた重電3銘柄が一段ジリ高となり、財政出動の期待などから住友大阪セメント<5232>(東1)なども一段ジリ高。菱地所<8802>(東1)なども高い。まんだらけ<2652>(東2)は株主優待の拡充などで一時ストップ高。セレス<3696>(東マ)は引き続き資金決済法や銀行法の改正によるフィンテック(金融IT)関連事業への期待などが言われて大幅続伸となり、アスカネット<2438>(JQS)は「デジタルサイネージジャパン2016」(6月8~10日)への出展などに期待が強まり出直り拡大。

 東証1部の出来高概算は少なく15億9773万株(前引けは7億8061万株)、売買代金は1兆5605億円(同7173億円)。1部上場1955銘柄のうち、値上がり銘柄数は1534(同1322)銘柄、値下がり銘柄数は307(同485)銘柄。

 また、東証33業種別指数は31業種(前引けは28業種)が値上がりし、値上がり率上位の業種は、パルプ・紙、輸送用機器、ガラス・土石、海運、電気機器、精密機器、食料品、サービス、鉱業、不動産、医薬品、化学、などだった。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

「東京株式市場」の写真ニュース

マーケットの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_market

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース