【銘柄フラッシュ】ネクシィーズGなど急伸し三菱自はストップ高

2016年5月12日 19:36

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 12日は、燃費データ問題の三菱自動車<7211>(東1)に日産自動車<7201>(東1)が「約2千億円を投じて三菱自動車の3割強の株式を取得する方向で最終調整に入った」と日本経済新聞などで伝えられ、三菱自動車は大引けまで買い気配のままストップ高の16.2%高。一方、日産自動車は終日軟調で1.4%安。また、エアバッグ問題のタカタ<7312>(東1)は今期の黒字化見通しに加え、三菱自と似たような救済的な動きへの期待が言われて急伸12.7%高となった。

 DeNA<2432>(東1)が昨日発表の決算などを好感して12.4%高となり、同じくベルーナ<9997>(東1)も急伸14.9%高。カーチスホールディングス<7602>(東2)は自社株買いも発表したため急伸し13.2%高。ネクシィーズグループ<4346>(東1)は出資先がTBSホールディングス<9401>(東1)のTBSテレビと資本業務提携したことなどが好感されてストップ高の19.0%高。

 13時に決算を発表した住友林業<1911>(東1)は9.8%高。同じく東レ<3402>(東1)は一気に堅調転換して4.3%高。

 大崎エンジニアリング<6259>(JQS)は親会社によるTOBなどが材料になりストップ高の19.1%高。エイジス<4659>(JQS)は好決算を受けて2日連続ストップ高の16.7%高。アークン<3927>(東マ)は米社との提携による新サイバーセキュリティソリューションなどが材料視されてストップ高の19.2%高。フリークアウト<6094>(東マ)は第2四半期決算やモバイルマーケティングプラットフォーム発表などが好感されてストップ高の17.5%高となった。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
株式投資情報を配信するキュレーションサイト(株式投資総合)が好評(2016/05/07)
【鈴木雅光の投信Now】投資信託に損切りはあるのか(2016/05/06)
【村山貢司の気象&経済歳時記】夏物の出足は早まる(2016/05/02)
【ドクター箱崎幸也の健康増進実践法】サクセスフル・エイジング達成への残された生存期間は?(2016/04/13)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告