ファミリーマート、自販機コンビニ営業を九州地方に拡大 福岡からスタート

2016年3月28日 20:41

小

中

大

印刷

自販機コンビニの設置イメージ(ファミリーマートの発表資料より)

自販機コンビニの設置イメージ(ファミリーマートの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 ファミリーマートは28日、関東、東海、関西で展開している自販機コンビニ(オートマチック・スーパー・デリス:ASD)の営業地域を、九州に拡大すると発表した。4月初旬に福岡県内で開始する。

 ASDは、主にオフィスビルや工場、ホテルに勤務する従業員の休憩スペースなど、ファミリーマートが出店することが難しい場所に展開しているサービスで、全国で約1,240カ所、約1,700台(2016年2月現在)を設置。主に、弁当やパスタ、おむすび、サンドイッチなどの中食商品や菓子、飲料などを取り扱っている。

 今回は、先行地域でのノウハウを活かし、ファミリーマート店舗で取り扱う約3,000種類以上の商品の中から、弁当やパスタ、おむすび、サンドイッチなどの中食商品や、菓子やカップ麺などの加工食品、日用品などの品揃えを行っていく。

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • キャデラック・リリック(画像:ゼネラル・モーターズ発表資料より)
  • (c) 123rf
  • ジャンプスタートのイメージ。
  • 複合商業施設の完成イメージ(J.フロントリテイリング発表資料より)
  • 2019年4月に発売された「ジェロ」の特別仕様車「FINAL EDITION」。(画像: 三菱自動車工業の発表資料より)
  • ホンダ N-BOX用サテライトビューカメラ取付イメージ(画像:ワントップ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース