【銘柄フラッシュ】インタートレードが急伸しLINE、FX関連株も活況高

2016年3月7日 16:26

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

 7日は、日経平均が朝方を除いて1万7000円の大台を更新できない中で、東芝<6502>(東1)が医療機器事業の売却報道などを材料に7.0%高、シャープ<6753>(東1)が台湾・鴻海精密工業による債務や資産の内容精査の終了接近観測報道などを材料に7.3%高、エアバッグ問題が記憶に新しいタカタ<7312>(東1)は5.7%高など、投資評価の分かれる銘柄の強さが目立った。いま現在は「ワケあり銘柄」だが、数年前のパナソニック<6752>(東1)やソニー<6758>(東1)のように、ふり返ってみれば絶好機になる可能性があるとの見方がある。

 無料対話アプリ運営のLINE上場観測の再燃を受け、LINE関連株と位置づけられる銘柄の中に急伸銘柄が出現し、エムアップ<3661>(東1)が18.4%ストップ高、ネオス<3627>(東1)もストップ高の17.3%高、アドウェイズ<2489>(東マ)もストップ高の17.2%高、メディア工房<3815>(東マ)もストップ高の16.5%高、ネットイヤーグループ<3622>(東マ)もストップ高の19.1%高。

 また、マネーパートナーズグループ<8732>(東1)はFX(外国為替証拠金)取引市場の売買増加などが材料視されて前場ストップ高の17.1%高に達し、後場も高値圏で推移して大引けは11.7%高。マネースクウェアホールディングス<8728>(東1)は後場一段上値を追う場面を見せて大引けは10.4%高、FX取引システム開発などのインタートレード<3747>(東2)も後場一段高のストップ高となり25.6%高。

 くろがね工作所<7997>(東2)は金庫が人気とされて17.3%高。また、不動産事業などのRISE<8836>(JQS)は日銀の黒田総裁が講演でマイナス金利の効果は早い時期に住宅投資にプラスと語ったと伝わり大引けにかけて一段高の16.7%高。インベスターズクラウド<1435>(東マ)は10.7%高となった。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
インフォメーションクリエーティブが宝塚歌劇団のチケット販売運営に参画(2016/02/20)
アドアーズはAnimePlaza池袋店で、人気TVアニメシリーズ『遊☆戯☆王』とのコラボ企画を開催(2016/02/16)
イヤレスゲートは全国の道の駅で無料Wi-Fiサービスを開始(2016/02/14)
【Newsで一枚】JPホールディングスの荻田和宏社長(2016/02/10)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング