ミサイル発射などの可能性否定できない―岸田文雄外相

2016年1月31日 13:56

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 岸田文雄外務大臣は29日の記者会見で、北朝鮮の動向について「大きな関心を持って情報収集、分析に当たっている。内容に鑑みても明らかにするのは控えなければならないとは思っているが、今日までの金正恩(キム・ジョンウン)体制の行動に鑑みればミサイル発射等さらなる挑発行動をとるということも可能性は否定できないと考えている」と緊張感を持って対応していることを示した。

 岸田外務大臣は「米国、韓国はじめ関係国と引き続き緊密に連携をとりながら北朝鮮にまずは自制を求め、安保理決議等の遵守を求めながら、一方で、あらゆる事態に備えて万全を期していきたい」とした。

 岸田外務大臣は、北朝鮮のさきの核実験に対する制裁についても「安保理決議については引き続き関係国の間でやり取りが行われている。米中外相会談においても双方とも新たな制裁決議が必要という認識は述べられたと承知しており、引き続き関係国と連携しながら新たな決議の採択に向け、我が国としても積極的に対応していきたい」と語った。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
北のSLBMにも備えた対応している 防衛相
米軍爆撃機の韓国での低空飛行は米国意思の表れ
北は核放棄しIAEA査察受け入れよ 国会決議
自然でない地震波から核実験と考える 安倍総理
核の脅威想定し米韓等と協力し対策を 松野代表

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード韓国北朝鮮岸田文雄金正恩

関連記事

広告