マツダ、頻繁のリコールなどで中国のブラック企業リストに

2015年12月22日 10:33

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*10:33JST マツダ、頻繁のリコールなどで中国のブラック企業リストに
中国メディアはきょう22日、頻繁のリコール(回収・無償修理)や顧客対応の怠慢などでマツダ<7261>の中国合弁、馬自達(中国)企業管理(マツダ中国)は中国のブラック企業リストに入れられていると報じた。

マツダ中国は今年5月、9月、11月、12月に安全問題で計4回のリコールを実施したほか、顧客からのクレームが多いことや、対応の遅れなどでブラック企業リストに入れられたと指摘された。

業界の専門家は、これまで評判が良かったマツダが一転してブラック企業リストに入れられたことについて、同社がここ数年価格戦争に参入していたことが最大の要因だと分析した。コスト削減に伴う品質低下が自動車オーナーの不満を招いていると指摘した。《ZN》

広告

広告

写真で見るニュース

  • 日野セレガ スーパーハイデッカ。(画像:日野自動車発表資料より)
  • ボーイング777F型機(画像: 全日本空輸の発表資料より)
  • 「LIVE QR(ライブ・キューアール)」の画面イメージ。(画像: ボードウォークの発表資料より)
  • 2012年8月31日に起こったコロナ質量放出の様子。(c) NASA's Goddard Space Flight Center
  • アルト 40周年記念特別仕様車 Lリミテッド。(画像:スズキ発表資料より)
  • PCエンジンミニ、本体イメージ。(c)Konami Digital Entertainment
  • 「ドラゴンクエストウォーク」の画面イメージ。(画像: スクウェア・エニックスの発表資料より)
  • 「レモンのタルト12cm」(写真:大丸松坂屋百貨店の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース