ソニーモバイルとZMP、産業用ドローン事業の合弁会社設立へ

2015年7月22日 15:31

小

中

大

印刷

 ソニーモバイルコミュニケーションズとロボット関連のベンチャー企業のZMPは22日、自律型無人飛行機(ドローン)による産業用ソリューションを開発・提供するする会社「エアロセンス」を8月初旬に共同で設立すると発表した。2016年から法人向けにサービスを展開する予定。

 新会社のエアロセンスは東京都文京区に本社を置く。資本金と資本準備金は1億円で、出資比率はソニーモバイルが50.005%、ZMPが49.995%。事業では、ドローンを使った画像撮影とクラウドによる画像データの処理を組み合わせた産業用ソリューションの開発・製造・販売を行うとしている。

 エアロセンスでは、ソニーが持つカメラ、センシング、通信ネットワーク、ロボットの各技術とZMPが持つ自動運転、ロボットの各技術、産業分野へのビジネス経験を活かし、測量、調査、管理、点検などに関するトータルソリューションを開発するという。(記事:松本 茂樹・記事一覧を見る

広告

財経アクセスランキング