辺野古、総理自ら出向き知事と対談する案件だ=維新・江田代表

2015年4月3日 09:32

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 維新の党の江田憲司代表は2日の記者会見で、菅義偉官房長官が沖縄県の翁長雄志知事と今月5日にも会談の方向で調整していることに「やっと会うようだが、遅すぎると思う」と、法的措置の応酬が行われるような事態になる前に「真摯に沖縄と向き合って、安倍総理自ら沖縄に足を運び、知事と協議すべきだった」と遅い政府の対応に苦言を呈した。

 一方で、会談については「ただ単に会うだけでなく、10数回、数十時間にわたって1対1で、先人の思いもかみしめながら」会談に臨んでほしい旨を語った。

 また、「国政の最重要課題なので、安倍総理が自ら出向いて知事と対談する案件だ」とした。江田代表は「沖縄とは是非、真摯に向き合ってほしい」と要請した。

 この日の会見で、江田代表は中国の呼びかけに日本とアメリカが参加していない「アジア投資銀行」への参加について「参加しないと大変なことになる。アメリカが参加しないから参加しないというのではなく、今からでも遅くない。日本は参加を表明し、アジア経済、インフラ開発の秩序作りに強力に貢献してほしい」と提起した。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
官房長官と沖縄知事の会談を評価 蓮舫代表代行
菅官房長官 翁長沖縄知事と会談へ
沖縄の声受け止めるところから再出発すべき
辺野古への代替施設建設が唯一の解決策 防相
政府は政治的心情的対応を 辺野古問題で要請

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード沖縄県辺野古翁長雄志日本維新の会江田憲司

関連記事