東京ガス、燃料電池自動車向け水素販売価格を1,100円/kgと決定

2015年1月9日 11:11

小

中

大

印刷

 東京ガスは8日、燃料電池自動車向けの水素の販売価格を1,100円/kg(税抜)に決定したと発表した。なお、価格は経済状況や販売状況などの諸条件により変更する場合がある。

 同社は、昨年12月、東京都練馬区に「練馬水素ステーション」を開所しており、経済産業省資源エネルギー庁が昨年6月に発表した「水素・燃料電池戦略ロードマップ」の中で掲げた販売価格の実現に向けて、販売する水素の価格を検討していた。今回、燃料電池自動車と同車格のハイブリッド車に必要なガソリン代と同程度の水準に価格を設定したとしている。

 東京ガスは、これまで培ってきた水素ステーションの建設・運転に関する知見を活かし、今後も燃料電池自動車の普及に向けた水素供給の基盤確立に貢献するとともに、将来の水素利用拡大に向けた準備を行っているという。

関連記事

広告