日本通信、京都ロイヤルホテル&スパで訪日客向けSIMを販売 通話60分・3GB

2014年12月22日 16:53

小

中

大

印刷

PAYG SIM:音声通話は国内・国際を問わず60分、データ通信は3GB。有効期間は7日間(日本通信の発表資料より)

PAYG SIM:音声通話は国内・国際を問わず60分、データ通信は3GB。有効期間は7日間(日本通信の発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

  • PAYG Data SIM: データ通信は3GB。有効期間は14日間(日本通信の発表資料より)

 日本通信は22日、訪日外国人客向けプリペイドSIMカード「b-mobile PAYG SIM」を、イシン・ホテルズ・グループの「京都ロイヤルホテル&スパで、12月25日より販売開始すると発表した。

 販売するのは、通話とインターネットを利用者向け「b-mobile PAYG SIM」とインターネットのみ利用向け「b-mobile PAYG Data SIM」である。 PAYG SIMは、音声通話は国内・国際を問わず60分、データ通信は3GB、有効期間は7日間となっている。価格は9,980円。PAYG Data SIMはデータ通信は3GB、有効期間は14日間となっている。価格は4,990円。ともにNTTドコモのLTE/3Gに対応している。

 ホテル滞在中にパッケージを購入し、パスポートによる本人確認書類を提示することで、使い慣れたスマートフォン等で利用できるようになる。

 同社は今後も、日本政府が推進する観光立国の実現に協力し、訪日旅行者にとって購入しやすい場所での販売を広げていくとしている。

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 「店舗イメージ」(写真:ファミリーマートの発表資料より)
  • 「Snack Dine(スナック ダイン)」(画像: Mrk & Coの発表資料より)
  • 「Qast」のイメージ(anyの発表資料より)
  • 「鶴空」(画像: JAL Agriportの発表資料より)
  • ふくまる通り57のイメージ(阪神電鉄、JR西日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース