ユニーグループHD:今期業績予想を大幅下方修正、純利益を120億円から54億円に引き下げ

2014年9月29日 22:28

小

中

大

印刷

記事提供元:さくらフィナンシャルニュース

【9月29日、さくらフィナンシャルニュース=東京】

ユニーグループ・ホールディングス(東1:8227)は29日、2015年2月期の通期連結業績予想を修正し、純利益を前回予想の120億円から前期比27%減の54億円(前回予想比66億円減)に引き下げた。天候不順の影響を大きく受けた総合小売事業、コンビニエンスストア事業、専門店事業が低調に推移していることに加え、総合小売事業の減損損失増加によって特別損失が膨らむため。

売上高は同1兆535億円から同1%減の1兆225億円(310億円減)に、営業利益は同300億円から同13%減の221億円(同79億円減)に、経常利益は同291億円から同27%減の215億円(同76億円減)に、それぞれ引き下げた。(岡野学)【了】

■関連記事
エナリスがエネルギー商材販売のグリムスと包括提携、J.フロントが大幅増益、しまむらが減益、高島屋が新宿タイムズスクエアビルの一部を1050億円で取得、イオンの11月度営業収益がプラス=27日の注目銘柄
しまむら:今第3四半期の純利益は2%減、悪天候の影響や若者向け事業の不振から減益に
Jフロント、ナガイレーベ、さが美、しまむら、高島屋の他、15社が決算発表を予定=本日の主な予定

※この記事はSakura Financial Newsより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング