2人乗り高速輸送システム「skyTran」、イスラエルで技術試験システム建設へ

2014年7月7日 10:09

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

米国のskyTran社とイスラエルのIsrael Aerospace Industries(IAI)社は、次世代PRT「skyTran」の技術デモシステム(TDS)をテルアビブ近郊のロードにあるIAIのキャンパスに建設することで合意したそうだ(skyTranのプレスリリース: PDFIAIのプレスリリースWIRED.jpの記事)。

maia 曰く、 PRT(Personal Rapid Transit)は新交通システムの小型版で、少人数向けの高速輸送システム。skyTranはタンデム二人乗りの流線型ポッドを懸垂式のモノレールにパッケージしたものだ。磁気浮上とリニアモーターが組み込まれおり、ローコストで省エネだという。駅(停留所?)ではレールが上下に分岐し、通過車両が上方の直線路を通過することで速達性を確保している。今度建設される長さ19kmの試験路では最高時速約70kmで走らせる予定だが、将来的には最高時速240kmで、最大12,000人/時の輸送が可能とのことだ。

 このほか、オンデマンドで乗車でき、途中停車や乗り換えをすることなく直接目的地に到達できる点、グリッド状に軌道を配置することで利便性の高い駅を数多く作れる点なども次世代PRTの特徴となる。従来のPRTでは車輪や軌道のメンテナンスが運用コストの多くを占めていたが、skyTranでは磁気浮上によりこの問題を解決している。TDSによる評価終了後、IAIはテルアビブにskyTranの商用システムを展開する計画だ。

 スラッシュドットのコメントを読む | テクノロジー | 交通

 関連ストーリー:
江東区、湾岸ロープウェイ構想を発表 2014年06月07日
ロシア副首相曰く、米国は宇宙飛行士をトランポリンでISSに送ればいい 2014年05月05日
Googleは自律運転車による交通システム構築を考えている? 2014年01月29日
チューブ内を走る浮上式鉄道「Hyperloop」、8月に暫定案が公開されるかも 2013年07月18日
「フローベヤ」終了 2013年03月18日
第5回宇宙エレベーター学会開催、討論会テーマは「だからできない!宇宙エレベーター」 2013年02月15日
NASA が開発を援助する「宇宙タクシー」、来年にもテスト飛行へ 2011年10月14日
46年前の予想した21世紀では地下鉄は消滅する予想 2006年08月29日

 

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース