昔SONYは今UNIQLO 相場の主役は時代と共に入れ替わる=犬丸正寛の相場格言

2014年4月5日 08:12

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

日経平均に寄与の大きい銘柄ということでは、昭和40年代頃まではソニーが断トツの存在でした。

日経平均に寄与の大きい銘柄ということでは、昭和40年代頃まではソニーが断トツの存在でした。[写真拡大]

写真の拡大

■昔SONYは今UNIQLO 相場の主役は時代と共に入れ替わる

  日経平均に寄与の大きい銘柄ということでは、昭和40年代頃まではソニーが断トツの存在でした。特に、ジリ貧で元気のないマーケットに、「渇」を入れるにはソニーの出番というのがマーケット参加者のほぼ一致した気持ちだったものです。

  今は残念ながらマーケットでのソニー効果は薄れ、代わってユニクロブランドを展開するファーストリテイリングが日経平均に影響度の大きい存在となっています。SONYもUNIQLOも世界ブランドという共通点を持っていますが、ブランドの盛衰という点がマーケットでの人気に反映しているといえます。今後もUNIQLOに続く日本発の世界ブランドはどこかを見つければ投資成果は大きくなるでしょう。(執筆者:犬丸正寛 株式評論家・日本インタビュ新聞社代表)

【関連記事・情報】
【編集長の視点】トーソーは安値から3連騰、純益下方修正を織り込み下げ過ぎ訂正買いが増勢(2013/04/01)
【木村隆のマーケット&銘柄観察】日本アクアは建築物向け断熱施工を強化、新たな成長ステージへ(2013/04/01)
【狙い場・買い場】セキドの200円相場は早そうだ、ファッション事業特化の効果で黒字転換に続き今期2.1倍増益(2013/04/02)
【狙い場買い場】東洋埠頭はチャートが買い転換、戦略特区関連(2013/04/02)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告