サイボウズ、災害時も遅延のない安否確認サービス専用アプリ

2014年3月11日 18:04

小

中

大

印刷

「安否確認サービス」のスマートフォン向け専用アプリ「安否確認サービス バージョン 5.0」の利用画面

「安否確認サービス」のスマートフォン向け専用アプリ「安否確認サービス バージョン 5.0」の利用画面[写真拡大]

写真の拡大

 サイボウズのスタートアップ事業を専門とする100%子会社・サイボウズスタートアップスは11日、「安否確認サービス」のスマートフォン向け専用アプリ「安否確認サービス バージョン 5.0」の提供を開始すると発表した。メールの通知が遅延するような災害が発生しても、より確実な通知が可能になるという。

 通信キャリアが提供する電子メールは、大規模な災害が発生した際には遅延・不通となる場合があるが、今回のアプリはインターネットの標準技術を用いて通知を行うため、インターネットの疎通度とほぼ同様の確実性を持つという。

 利用には、安否確認サービスのアカウントが必要。対象ユーザーは、Google playから無料でダウンロードできる。対応OSはAndroid。iOS対応アプリは開発中。

広告

写真で見るニュース

  • (画像: ブルーパドルの発表資料より)
  • 東急プラザ渋谷のイメージ(東急不動産発表資料より)
  • MINIの生誕60周年記念特別仕様車「MINI 60 YEARS EDITION」。(画像: ビー・エム・ダブリューの発表資料より)
  • 惑星探査機カッシーニからみた土星 (c) NASA
  • 広島駅ビルの外観イメージ(JR西日本発表資料より)
  • スマート・EQ Fortwo(画像: ダイムラーの発表資料より)
  • (c) 123rf
 

広告

ピックアップ 注目ニュース