明治、中国でチルド牛乳とヨーグルトを生産・販売

2013年11月18日 10:22

小

中

大

印刷

明治ホールディングスは15日、中国で市販向けチルド牛乳とヨーグルトの生産を開始し、華東エリアで12月1日から販売を開始すると発表した。

明治ホールディングスは15日、中国で市販向けチルド牛乳とヨーグルトの生産を開始し、華東エリアで12月1日から販売を開始すると発表した。[写真拡大]

写真の拡大

 明治ホールディングスは15日、中国で市販向けチルド牛乳とヨーグルトの生産を開始し、華東エリアで12月1日から販売を開始すると発表した。2016年度に年間売上高20億円を目指すという。

 今回の中国での生産・販売は、それぞれ明治の100%出資会社「明治乳業(蘇州)」と「明治乳業貿易(上海)を通じて行う。

 販売商品は、良質な生乳を使用し、すっきりとした風味に仕立てたチルド牛乳3品 「明治醇壹鮮牛乳950ml/450ml/200ml」(12月1日発売)と、ブルガリア由来の乳酸菌を使用した爽やかな酸味のヨーグルト3品「明治ブルガリアヨーグルト加糖100g/100g×4」 (12月1日発売)、「明治ブルガリアヨーグルトプレーン400g」(12月8日発売)の計6品。

 同社によると、近年の中国の牛乳・ヨーグルト市場は、ライフスタイルや嗜好の変化、健康志向の高まりなどを背景に伸長しており、それに伴い、品質や風味などへのニーズも多様化している。

 明治は国内で培った製造技術やノウハウを活かし、高品質かつ安全でおいしいチルド牛乳やヨーグルトを同国で販売すべく、2011年に明治乳業(蘇州)を設立し、準備を進めきた。明治乳業(蘇州)は資本金が4,456万ドル(約44億6,900万円)、工場用地面積が3.5万平方メートル。

「食品製造業」の写真ニュース

企業・産業の最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

財経アクセスランキング

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_company

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース