ローソン、12種類のハーブとスパイスを使用した「黄金チキン」を10/29日に発売

2013年10月24日 15:13

小

中

大

印刷

記事提供元:さくらフィナンシャルニュース

【10月24日、さくらフィナンシャルニュース=東京】 ローソン(東:2651)は24日、ローソン史上最高品質の「黄金チキン」(180円)を、10月29日より販売すると発表した。

 「黄金チキン」には、世界各国からフライドチキンに適した12種類のハーブとスパイス(ガーリック・ローズマリー・オレガノなど)を使用。さらに、鶏肉、打ち粉、衣、それぞれの特性に合わせて配合したスパイスとハーブを3段階に分けて加えることで、より風味や味わいを感じられるよう工夫した。

 また、独自の製法で鶏肉の繊維を壊さない独自の製法や、120度の低温スチームオーブンで通常の約2倍の時間をかけてじっくり火を通し肉離れを良くするなど、調理方法にもこだわった。

 店内の揚げ油には、コレステロール0・ビタミンE配合のヘルシーオイルを使用している。販売価格は180円。【了】

■関連記事
オリエンタルランドが上方修正、カゴメが下方修正、東電9月の販売電力量は3カ月ぶりマイナス、ローソンがプレミアム食パンを発売=21日の注目銘柄
ローソン:プレミアム食パン「ウチカフェブレッド」を発売、パンに適した北海道産小麦「春よ恋」を使用
ローソン:今中間期の純利益7%増、直営店減少効果で売上原価が減少、配当予想を上方修正

※この記事はSakura Financial Newsより提供を受けて配信しています。

「コンビニ」の写真ニュース

ライフの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_fashion

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース