シャープが「AQUOS」新製品を発売、フルHDパネルに4K相当の高精細表示を実現

2013年10月22日 18:49

小

中

大

印刷

“AQUOSクアトロン プロ”XLシリーズ(写真:シャープ)

“AQUOSクアトロン プロ”XLシリーズ(写真:シャープ)[写真拡大]

写真の拡大

  • “AQUOSクアトロン プロ”XLシリーズ(写真:シャープ)

 シャープは22日、色の表現力を高める「4原色技術」を採用したフルHDパネルに、4K相当の高精細表示を実現する「超解像 分割駆動エンジン」を搭載した“AQUOSクアトロン プロ”XLシリーズ5機種を、11月30日より順次発売すると発表した。外光の映り込みを抑え、艶やかで深い黒が再現できる「モスアイパネル」との相乗効果により、鮮明で臨場感豊かな映像体験を提供していく。

 シャープは2010年に「4原色技術」を開発し、鮮明で高精細な映像を再現することに成功した。今回、フルHDパネルでありながら解像度を高める技術を開発し、フルハイビジョンを新次元へと進化させ、さらなる高画質で映像リアリティを提案していく。

広告

広告

写真で見るニュース

  • ポーランドのワルシャワにあるニコラウス・コペルニクスの像。
  • 米月周回無人衛星「ルナー・リコネサンス・オービター 」が撮影した月の裏側 (c) NASA/GSFC/Arizona State University
  • ファイナルファンタジーXIVウエディングオリジナル演出。4K対応の大迫力スクリーンの前で、オリジナル証明書へのサイン。(画像:ブライダルハート発表資料より)
  • SBXC039。(画像:セイコーウオッチ発表資料より)
  • 「派遣BOARD」のイメージ。(画像: ハケンボード発表資料より)
  • 今回発見が報じられた天体 (c) Vasilii Gvaramadse/Moscow University
  • 「メガアイスコーヒー(左)とメガアイスカフェラテ(右)」(写真:ロッテリアの発表資料より)
  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース