「昭和の日本 自動車見聞録」トヨタ博物館で開催

2013年9月22日 11:11

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 自動車業界、自動車専門紙誌に多少なりとも携わったことがある人なら、小林彰太郎氏の名をご存じだろう。日本を代表する自動車専門誌「CAR GRAPHIC」の生みの親で、世界的にも著名な日本を代表する自動車ジャーナリストだ。筆者も高校生のころから、かの作家・五木寛之氏が絶賛した氏の文体に憧れていたものだ。

 今回開催される小林彰太郎フォトアーカイブ展「昭和の日本 自動車見聞録」は、氏が戦前に撮影・収集した東京の街角に駐まったクルマの写真約500枚を展示する特別企画展だ。写真からは往時のクルマだけでなく、背景に写る東京の風景や建築など、昭和初期の生活環境や風俗なども知ることが出来るという。

 開催場所は愛知県長久手市のトヨタ自動車が運営管理する「トヨタ博物館本館2階・特別展示室」で、会期は2013年10月5日(土)から12月26日(木)まで。展示は、以下の4つのゾーンに分けて行なわれる予定だ。(1)御料車と上流階級の車(写真74点)、(2)戦前、街角で観たアメリカ車(写真103点)、(3)戦前、街角で観たヨーロッパ車(写真190点)、(4)戦前の日本:国産車、自動車レース、車のある風景(写真112点)。それぞれのゾーンには時代を代表する実車も展示される。(1)から順に、イスパノスイザK6(1935年・仏)、コード810(1936年・米)、モーリスエイト(1937年・英)、ダットサンセダン(1937年・日)という構成だ。

 小林彰太郎氏の経歴について簡単に触れておこう。1954年東京大学経済学部卒業。花森安治氏が戦後創刊した、あの「暮しの手帖」の編集方針に共鳴。1962年に二玄社から同志3名とともに理想とする自動車誌を目指し「CAR GRAPHIC」を創刊した。66年-89年、同誌編集長。その後、同誌編集局長を経て、現在は同誌名誉編集長であり、執筆活動を行う現役のジャーナリストであり評論家だ。著書多数。(編集担当:吉田恒)

■関連記事
経済関係強化と新たなルール作り共有 日豪首脳
自転車との衝突回避リスクを低減する新技術を導入するボルボ
ロームとフリースケールが車載分野で協業を発表
フォルクスワーゲン(VW)が止まらない コンパクトでもポテンシャルが高いクルマが売れる
BMWの安全性に対するこだわりが「3シリーズ」で深化

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
  • 新型「ヤリス」フロント(プロトタイプ)(画像:トヨタ自動車発表資料より)
  • SUBARU XV「Advance」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • スウェーデンの首都ストックホルムにあるノーベル博物館の扉 (c) 123rf
  • 地上階の空間設計。(画像:大阪地下街発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース