アバクロ兄弟ブランド「ホリスター」日本初上陸 ららぽーと横浜店公開

2013年9月12日 21:42

小

中

大

印刷

記事提供元:アパレルウェブ

1号店目となるららぽーと横浜店では、全店共通の品揃えとお客を迎える挨拶を
「Hey whats up Welcome to the(※pier」に統一する。
※カリフォルニアの海の意味

 米のカジュアルブランド「Hollister(ホリスター)」の国内1号店が9月14日、ららぽーと横浜にオープンする。それに先駆け本日、12日に報道陣向けに公開された。南カリフォルニアをブランドイメージに、米国カジュアルの“気取らないかっこよさ”を洋服のデザインに落とし込んだ。

 「ホリスター」は、同社が運営する「アバクロンビー&フィッチ」の兄弟ブランドとして2000年にスタート。カジュアルテイストのウェアと雑貨、手に取りやすい価格帯を特徴に、現在アメリカ国内で約480店舗、世界で112店舗を構える。アジアでは中国、香港、韓国で10店舗を運営している。

 店舗面積は637.5平方メートル。薄暗い照明の店内は、カリフォルニアスタイルのビーチハウスをコンセプトに、ソファーや植物を多く取り入れることで、くつろげる空間を演出。壁面にはLEDスクリーンを設置し、南カリフォルニアのハンティントン・ビーチの映像を映し出す。

 ライフガードをイメージコンセプトとしたアイテムは、主力のデニムや、チェック柄シャツ、スウェットを中心に、豊富なカラーバリエーションとデザインをそろえた。ボディウォッシュやミスト、パフュームなどのボディケア用品も充実させたほか、ブレスレットやヘアバンドなどのアクセサリーもラインナップする。

 ウェアはメンズとレディースでほぼ同比率の品揃え。価格帯は、トップス2,000~7,000円、ボトムス3,900~7,000円、アウター1万円前後、アクセサリー990~3,000円。サイズはXSからLの4サイズ展開となる。

 三井不動産が運営するららぽーと横浜は、2007年の開業以来初となる大規模リニューアルを今年2月から実施。日本初上陸の「ZARA HOME(ザラホーム)」、「Tommy Bahama(トミーバハマ)」、「CHARLES&KEITH(チャールズ&キース)」、「SPAO(スパオ)」などの海外SPAブランドを積極的に導入した。今回の「ホリスター」出店で、改装が一巡したことになる。

 

 

 

 
 

【ホリスター ららぽーと横浜店舗概要】
オープン日:9月14日
住所:神奈川県横浜市都筑区池辺町4035-1 1階
時間:10時~21時
電話番号:045-937-1570

ホリスター
http://www.hollisterco.com/

※この記事はアパレルウェブより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

財経アクセスランキング