ケンコーマヨネーズ:インドネシア工場が竣工

2013年7月29日 17:25

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

ケンコーマヨネーズ<2915>(東1)は、7 月25 日(木)、インドネシアでの同社パートナーであるPT INTAN TATA BUANA PERSADA・・・。

ケンコーマヨネーズ<2915>(東1)は、7 月25 日(木)、インドネシアでの同社パートナーであるPT INTAN TATA BUANA PERSADA・・・。[写真拡大]

写真の拡大

■イスラム教の戒律に従って製造したことの証明である「ハラル食品」としての認証を取得

 ケンコーマヨネーズ<2915>(東1)は、7 月25 日(木)、インドネシアでの同社パートナーであるPT INTAN TATA BUANA PERSADA(ITTB)との合弁会社PT. Intan Kenkomayo Indonesia が建設を進めていた工場が完成し、竣工式を行った。

 また、同工場で製造する商品については、イスラム教の戒律に従って製造したことの証明である「ハラル食品」としてインドネシアムスリム指導者会議(Majelis Ulama Indonesia)から認証を取得した。これを受け、イスラム教徒も安心して食べることができる商品の提供が可能となった。

 今回の工場竣工およびハラル認証の取得により、マヨネーズおよびソース類の製造販売に向けた準備が整った。当初は、ホテルやレストラン向けのマヨネーズタイプの製造販売を進め、生産数量は年間5,000t規模を目指す。

<工場の概要> 会社名:PT. Intan Kenkomayo Indonesia 所在地:Jl, Tipar Cakung Km 0,6/RT 49 Cakung Jakarta Timur13910,Indonesia 業務内容:マヨネーズ・ソース類の製造販売 生産目標:5,000t/年間 (情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【株式評論家の視点】電算システムは中間期上方修正で通期にも期待、東京書籍と共同で米アップルのタブレット向け電子教科書を開発も材料(2013/07/26)
【アナリスト水田雅展の銘柄分析】クリナップは高値圏に回帰、高値更新の構え、今期業績は上ブレの可能性強い(2013/07/26)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

財経アクセスランキング