双日と川崎重工、ロシアで1700kW級ガスタービン5基の供給契約に調印

2013年6月6日 17:51

小

中

大

印刷

位置図(画像:双日)

位置図(画像:双日)[写真拡大]

写真の拡大

 双日と川崎重工業は6日、ロシアのエンジニアリング会社であるエネルゴテクニカ社と、発電出力1,700kW級のガスタービン5基の供給契約に調印したと発表した。

 今回供給するのは川崎重工製「M1A-17D」ガスタービンで、エネルゴテクニカ社が同社設計の最新の寒冷地屋外設置型発電装置「Corvet(コルベット)1700」に搭載し、天然ガス生産量において世界最大のガス会社であるロシアのガスプロム社に納入するもの。

 同発電装置は、ガスプロム社がパイロットプラントとして位置付けるガスパイプラインのコンプレッサーステーション(ガスパイプラインを通じて天然ガスを輸送する為、ガスを圧縮して送りだす設備)にて使用され、ハンチマンシ自治管区ユゴルスク市近郊に4台とチェラビンスク州コペイスク市近郊に1台が設置される。

 ガスプロム社のガスパイプラインは総延長距離が16万kmを越え、コンプレッサーステーションは100km~200km間隔で設置されており、1つのステーションに1,500kW~2,500kWの発電装置が1台~4台設置されている。ガスタービン発電設備に関しては、新設に加えて更新時期が近づいている既設設備や改造が望まれる設備も多数あり、同パイロットプラントでの実証試験完遂を前提に今後年間20台以上の追加発注が見込まれている。

 今回の契約調印は、双日の極東を含む長年のロシアにおけるビジネスへの積極的な取り組みと実績、川崎重工の「M1A-17D」ガスタービンが1,700kW級で世界最高レベルの発電性能および環境性能を有していることが高く評価されたもの。双日と川崎重工は、2012年にロシアのウラジオストク市で開催されたAPEC2012の主会場施設等向けにコージェネレーションシステム用発電装置7台を納入しており、ロシアでの受注実績を重ねている。

広告

広告

写真で見るニュース

  • PASSION DIAMONDの取り扱い商品例。(画像:D.Tech発表資料より)
  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース