三菱ガス化学と三菱商事、カリブ海のトリニダード・トバゴでメタノール製造事業

2013年4月9日 11:52

小

中

大

印刷

トリニダード・トバゴの位置図(画像:三菱ガス化学)

トリニダード・トバゴの位置図(画像:三菱ガス化学)[写真拡大]

写真の拡大

 三菱ガス化学と三菱商事は9日、カリブ海に位置するトリニダード・トバゴにおいて、同国政府と同国企業のニール・アンド・マッシーとともに、メタノール年産能力100万トン、ジメチルエーテル年産能力10万トンの製造事業を検討することに合意したと発表した。今年度中に最終投資判断の上、2016年度中の生産開始を目指す。

 メタノールは主に天然ガスから生産され、接着剤、農薬、塗料、合成樹脂、合成繊維の原料等幅広い用途に使用されている。また、ジメチルエーテルは、LPG代替、自動車及び発電向けディーゼル燃料代替として大変注目されている次世代クリーンエネルギー。

 三菱ガス化学、三菱商事、ニール・アンド・マッシーの3社は、同プロジェクトにおいて生産されるメタノールを世界中で販売すると共に、トリニダード・トバコ政府と協力し、同国並びに周辺カリブ諸国において、ジメチルエーテルのディーゼル燃料代替促進に向けたプロモーションを行う。

 メタノールの世界需要は年間約6,000万トンであり、今後も年率4~5%の成長が見込まれている。 そのような状況下、同国の天然ガスを主原料として基礎化学品であるメタノールや液化ガスであるジメチルエーテルを製造することは、同国並びに周辺カリブ諸国の経済成長を支えるとともに、世界的に伸長するメタノール需要を満たすことに貢献することとなる。

広告

広告

写真で見るニュース

  • 開発された「マルコメ君」のロボット。(マルコメの発表資料より)
  • 月面写真。ここにも水が存在しているのかもしれない (c) NASA
  • ハッブル宇宙望遠鏡によって撮影されたNCG 4485 (c) ESA/NASA/Hubble
  • 雇用のあり方の変化は会社が求める能力にも影響している
  • 特別塗装機「ミニオンジェット2」(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 水族館の完成イメージ。(画像:アクア・ライブ・インベストメント発表資料より)(c) Toshimaro IIDA Architectural Design
  • フルーツ ヨーグルト ブラン。(画像:クリスピー・クリーム・ドーナツ・ジャパン発表資料より)
  • 「プロパイロット2.0」(インテリジェント高速道路ルート走行)の利用イメージ。(画像: 日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース