NEDO:強度を従来の3から4倍に、熱による寸法変化を2割程度までに抑える技術の開発に成功

2012年9月13日 09:30

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■CNF(バイオナノファイバー)を用いた樹脂部材、実用化へ

  製紙用薬品の星光PMC <4963> は、07年よりNEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)の「バイオナノファイバー」プロジェクトに参画し、鋼鉄の5分の1の軽さで5倍以上の強度を持つCNF(セルロースナノファイバー)の開発に取組んでいる。

  ところが、昨日(12日)にNEDOは、CNFを樹脂中に均一に分散させることで、樹脂の強度を従来の3から4倍に、熱による寸法変化を2割程度までに抑える技術の開発に成功したと発表。このことから、CNFを用いた樹脂部材の実用化への道が一気に開けたことになる。

  自動車重量の約9%(約110kg)を占める樹脂部材を今回開発したCNF強化樹脂に置き換えることで、樹脂の使用量を減らすことができ、20kg程度の軽量化が可能となり、自動車の燃費向上で化石資源への依存度低下に寄与することが予想される。

  また、自動車の部材だけでなく、家電、住宅、包装・容器等に用いられる樹脂部品への幅広い展開が可能である。NEDOでは、今後、自動車メーカーや機械メーカーと連携しながら生産技術の開発などに取り組むとしている。

  CNFの開発に成功し、しかも用途領域が広いことから、今後、星光PMCの業績に大いに貢献することが予想される。(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【株式評論家の視点】GMOクラウド、株価新ステージ入り、高利回りに高成長(2012/09/12)
【株式評論家の視点】郵船、株価不振の厳しい航海、低PBRからの失地回復相場は近い(2012/09/12)
急騰銘柄を徹底予想する日刊株式投資情報新聞(メルマガ無料)好評!会員が急増中(2012/07/20)
プロの記者が急騰銘柄を徹底予想!日刊株式投資情報新聞(無料)メルマガ登録受付中!(2012/07/20)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • イオンスタイル岡山青江のオープンイメージ(イオンリテール発表資料より)
  • 現在発見されている直径1,000km以上の太陽系外縁天体とその衛星。(画像:東京工業大学発表資料より)
  • チーズロコモコバーガー。(画像:日本マクドナルド発表資料より)
  • かねさ減塩味噌仕立ての焼おにぎり。(画像:ローソン発表資料より)
  • スズキ「アルト ラパン X」(画像: スズキの発表資料より)
  • 和民などに導入される竹素材を使ったストロー(写真:和民の発表資料より)
  • 「Atmoph Window 2」(画像: アトモフ株式会社の発表資料より)
  • 「19design」のトップページ。(画像:オラクル構想準備室発表資料より)
  • (c) 水木プロダクション 作画:一智和智
 

広告

ピックアップ 注目ニュース