CNBLUE、日本メジャーデビューと同時にKARAを抜いた!

2011年10月21日 14:56

小

中

大

印刷

韓国男性バンドグループ「CNBLUE」(シーエヌブルー)の日本メジャーデビューシングル『In my head』が、発売当日にオリコンチャートでKARAを上回った。

韓国男性バンドグループ「CNBLUE」(シーエヌブルー)の日本メジャーデビューシングル『In my head』が、発売当日にオリコンチャートでKARAを上回った。[写真拡大]

写真の拡大

 韓国男性バンドグループ「CNBLUE」(シーエヌブルー)の日本メジャーデビューシングル『In my head』が、発売当日にオリコンチャートでKARAを上回った。

 CNBLUEは19日に発売された『In my head』でオリコンデイリーチャート3位を記録した。これは日本のNMB48、BUMP OF CHICKEN、韓国のガールズグループKARA等と競い成し遂げた成果である。同じ日にシングルアルバムを発売したKARAは、4位となった。

 タイトル曲『In my head』はメンバーのチョン・ヨンファの自作曲で、より一層注目を集めている。この曲は日本テレビで放映中の人気米国TVドラマシリーズ『スーパーナチュラル』のアニメ版エンディングテーマに選ばれた。収録曲『Mr.KIA』と『Rain of blessing』も、それぞれチョン・ヨンファ、イ・ジョンヒョンが作った曲であり、彼らの音楽が日本でも通じたということになる。

 デビューシングルにもかかわらず発売初日に34,280枚という高い売上を記録したCNBLUEは、日本に進出した韓流スターのデビューシングルの販売量1位を占めてきたT-ARA(初日の売上20,068枚)やMBLAQ(初日売上11,066枚)よりも高い数値を記録した。

 これには特別なワケがある。彼らは韓国で『I am a loner』でデビューする前の2009年6月に日本に渡り、持続的にシングルとアルバムを発売し路上ライブをするなどインディーズバンドとして活動し、確固たるファン層を形成してきた。

 先月、最後のインディーズアルバム『392』の発売を記念して開いたコンサートは、インディーズバンドとして異例の15,000人を収容する横浜アリーナで開催したにもかかわらず、チケットが手に入らず会場前でうろうろする女性ファンの姿が目立つほどの人気ぶりだった。

 これに対しメンバーらは「メジャーデビュー初シングルアルバムということで緊張していたが、3位だったという話を聞いて、嬉しい気持ちと同時に、まだ道は遠いという気がした。インディーズで活動する時と同じように私達を応援して下さる方のために着実に、そして一生懸命音楽活動をする姿をお見せしたい」と感想を述べた。

 CNBLUEは当分の間、アジアツアーと日本でのプロモーション活動を続ける予定だ。(翻訳:宮本りさ)

※この記事は재경일보提供の記事を日本向けに翻訳・編集したものです。

関連記事