アジア市場活動レポート 2011年7月11日: Royal Resources (ASX:ROY) は Razorback 鉄鉱石プロジェクトにおける磁鉄鉱資源量を 5 億 3,700 万トンへと倍増

2011年7月11日 14:15

小

中

大

印刷

記事提供元:ABN Newswire

ABN Newswire

ABN Newswire[写真拡大]

写真の拡大

 アジア市場の大半が値を下げてのスタートとなった。オーストラリア株式市場は値を下げて開場、取引前半において S&P/ASX 200 は 1.29% 下落し 4,594.6 となった。日経 225 は 0.43% 下落し 10,094.10 、ハンセン指数は 0.96% 下落し 22,508.86 であった。上海総合のみが値を上げて取引を開始し、 0.13% 上昇の 2,797.77 となった。

 企業ニュース

 Royal Resources Limited (ASX:ROY) は、南オーストラリア州の同社 100% 保有 Razorback 鉄鉱石プロジェクトにおける第 2 段階 JORC 規格推定資源量を、 25.5% Fe での合計 5 億 3,720 万トンへと倍増した。この上方修正は掘削計画の 60% 未満となっており、これまでの掘削では今後の大幅な資源量上方修正に向けた潜在性を支える優良な連続性が示されている。 Razorback に対する表示資源量は現在集計中である。

 Metminco Limited (ASX:MNC) は今日、ペルー南部にある同社 100% 保有の Los Calatos 銅・モリブデンプロジェクトがペルー政府により「国益プロジェクト」の指定を受けたと語った。この指定により、 Metminco は Los Calatos プロジェクト施設に対する地表権を取得することが可能となる。現在 Metminco は、 Los Calatos の現行資源量の充填・拡大に向け設計された 5 万メートルダイアモンド掘削プログラムに取り組んでおり、同地には約 470 万トンの銅同等金属が含まれている。

 Realm Resources Limited (ASX:RRP) は今日、インドネシアにある Katingan Ria 熱石炭プロジェクト南部地区内の主層部において、 4,050 万トンの JORC 推定資源量が特定されたと語った。この南部地区での初回年間 300 万トン露天掘り事業開発に対する詳細調査が現在進行中である。 Katingan Ria プロジェクトは、 12 ヶ月以内に採掘へと進行する可能性を持つ先進的な熱石炭探査プロジェクトである。 Realm Resources はこのプロジェクトにおける75%権益を取得する独占的オプションを有している。

 MIL Resources Limited (ASX:MGK) は、パプアニューギニアの同社 Golden Peak 金・銅プロジェクトおよび Poi 金・銅プロジェクトにおいて、最長 4 千メートルのダイアモンド掘削プログラムを 8 月下旬に開始する予定である。 Golden Peak 掘削目標には、 2011 年前半の地球化学試料採取プログラムにおいて特定された 7.21g/t Au での 20 メートル溝が含まれる予定となっている。

Tetsuya Okada
Asia Business News Japan Bureau
Tel: +61-2-9247-4344

広告

広告

写真で見るニュース

  • 2019年上半期にSUV新車販売トップとなったホンダ「ヴェゼル」。(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • TORQUE G04。(画像:KDDI発表資料より)
  • 「島耕作も愛した幻の立ちそば 虎ノ門 港屋 辛香るラー油の鶏そば」(画像: 日清食品の発表資料より)
  • ジャガー「XE」2020年モデル。(画像: ジャガー・ランドローバー・ジャパンの発表資料より)
  • Mazda3のオーディオシステム。(画像: マツダの発表資料より)
  • 虎ノ門・麻布台プロジェクト完成イメージ。(画像:森ビル発表資料より)
  • BMW 330e iPerformance(画像: BMWの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース