10年以上におよぶ研究の末、電子の正確な形が明らかに

2011年5月28日 11:00

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 あるAnonymous Coward 曰く、

 英国インペリアル・カレッジ・ロンドンの科学者たちが従来よりも正確な方法で電子の形状を測定し、電子がほぼ完全な球形であることを突き止めたそうだ。研究成果は5月26日号の科学誌Natureに発表された(ScienceDailyの記事Nature Newsの記事本家/.)。

10年以上にわたって続けられた研究の結果、電子の真球に対する誤差は0.000000000000000000000000001cm以下なのだという。電子を太陽系の大きさに拡大しても、誤差は髪の毛の太さ以内に収まる計算になる。電子の形状にゆがみがあれば動きに独特の揺れが発生するため、それを含む分子も変形する。精密なレーザーを使用してフッ化イッテルビウム分子内の電子の動きを測定したところ、揺れは見られなかったとのこと。

研究者たちはさらに正確な測定を進めており、この成果は反物質の研究にとって重要なのだという。物質と反物質とのわずかな動きの違いを観察することにより、ビッグバンの際に物質と同じぐらい生成されたと考えられる反物質が消失してしまった原因を解明する手掛かりになるかもしれないとのことだ。

 スラッシュドットのコメントを読む | サイエンス

 関連ストーリー:
『クイーン』のブライアン・メイ、天体物理学の博士に 2007年07月28日
ナノ磁石で論理回路を作成 2006年01月14日
次世代メディアは1テラバイト? 2004年09月29日

 

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

写真で見るニュース

  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース